赤裸々告白!カップルの交際期間平均から月ごとの変化8選。付き合って半年から1年、2年など、好きすぎるラブラブで喧嘩なし&長続きする秘訣とは

  • URLをコピーしました!

カップルの交際期間平均から月ごとの変化など、珠玉の実話エピソードを紹介!

編集部がアンケートから厳選した8個の体験談をお届けしていきます。

恋愛の悩みを解決したり、ポジティブな恋愛をしていきたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

付き合う期間や平均は、1と3の数字の付く期間がターニングポイント!

恋人との交際期間はバラバラで、私の場合、短くて1週間、長くて5年間でしたので、平均を出してもあまり意味ないかなと思います。

恋人との関係で、よく言うのが、1と3の数字の付く期間がターニングポイントになるという話です。

1週間、3週間、1ヶ月、3ヶ月、1年、3年。この期間の間で恋人同士での関係性に変化があるそうです。私は、最初の3ヶ月までの間は基本的にラブラブな期間が続いていたと思います。

ただ、お互いにべったりとしていたわけではなく、程よい距離感、お互いのそれぞれの時間も尊重して大切にすることをしていた人との関係は長続きしました。付き合いを続ける中で、喧嘩はつきものです。

喧嘩した時に、私は恋人と約束していたことは、「その日のうちに解決と仲直りをすること」でした。些細なことでの喧嘩、別れにも繋がってしまうような喧嘩など、様々な喧嘩がありましたが、そのどれもその日のうちに解決するように話し合って、ちゃんとに仲直りします。

もし、その喧嘩のことで引っかかることが後日出てきたら、そこでも話すことにしていました。

それをしていた関係の恋人とは、長い間お付き合いが続きましたね。やっぱり、その時の感情に流されずに、しっかりと話し合うこと、お互いに関係をよくしようとすることを続けた関係が、一番楽しく過ごせたものだと思います。

高校生時代に付き合って2年!付き合って1年好きすぎる理由

私が高校生の時、お付き合いしていた彼女とは約2年ほど交際していました。お互いに初めての恋人ができたということもあり、新鮮な気持ちが強かった分二人で何をしていても楽しかった記憶があります。

交際期間が3ヶ月ほど経ち、次第にお互いの素が出やすくなり喧嘩することも増え始めました。ただ、そんな時こそお互いを思いやることで、喧嘩する度に自分も相手もお互いの非を認め仲直りし、より愛情が深まっていった気がします。

1年程経つと、お互いの思考や感情をかなり理解し始め良いところも悪いところも、だいぶ見えるようになってきました。

恋人が居てくれることが当たり前になり、違う異性のことで嫉妬したり、束縛などが理由で喧嘩になることや距離を置いたりすることが増えたのもこの時期です。しかし、その経験があったからこそパートナーのありがたみを大きく実感することもできました。

今思えば、高校生や大学生の若い時期ほど情熱的で感情表現が豊かになり、意見の衝突も良い意味や悪い意味で多かったと思います。

大学の途中から、社会人2年目の3年半ほど交際した彼女の話では、学生から社会人になる変化を経験したこともあり、今までとは違った恋愛経験をすることができました。

学生の頃は、時間や気持ち的にも余裕があり、お互いに個人の時間や二人の時間を大切にすることができていました。しかし、社会人になると環境の変化に伴ってライフスタイルや人間関係の変化など、段々と余裕がなくなり社会人になりたての頃は、恋人との記憶よりも会社での出来事の方が忙しかったのを、鮮明に覚えているぐらいです。

今だからこそ、当時の経験を振り返ることで「あの時は自分のことで精一杯で、相手のことを思いやることができなかった…」逆に「あの時はあんな判断をしたばかりに上手くいかなかったから、今度はこの判断をしてみよう!」と冷静にかつ客観的に、自分の恋愛観を見つめ直すことができるようになりました。

恋愛経験を積むことで臆病になったり消極的になる気持ちもわかりますが、「前回した失敗の経験があったおかげで、今の大事な人を大切にできるんだ」という心意気を持つことができるようになったのも良い経験だと感じています。

付き合って一年ラブラブ期間が続く秘密とは?交際期間の平均を紹介!

私が高校生の頃、付き合った彼氏と4ヶ月で別れました。

理由は友達期間が圧倒的に長く、恋愛対象として相手を見ることができなかったから。

大学、社会人だと付き合って3年、5年で学生の頃から社会人になった後も関係が続く恋人ができました。

学生と社会人では恋愛に対する真剣度も異なるので、必然的に社会人になってからの恋人は1年以上と長いことが多いです。

出会って数週間ほどで連絡先を交換、デートを重ねて告白、そして交際。その期間は1年未満が理想です。

ただ、お付き合いをしている、していないに関係なく、相手と連絡先交換後3ヶ月経てば関係が崩れやすくなります。

連絡先を交換後、「彼はまだ告白をする気配がない。」「彼は何がしたいんだろう?」「ちょっと今の付き合いに疲れてきたな。」と不安や疲れを感じやすいのは3ヶ月。

その後話し合って関係を取り戻したり、喧嘩になってそのまま別れる場合もあります。不安を乗り越え、半年程はラブラブ期間が続きます。

その後は相手の存在が当たり前になってしまい、家族のような接し方をし、そこで喧嘩が生じることも増えてきます。

基本的に、関係を継続させるのに大事なことは「我慢しないこと」に限ります。不安、疲れを感じても正直に伝えることができ、お互いに解決となることを考えることで絆が深まります。

付き合って1年!カップルで月ごとの変化で、イベントがハズせない理由

私の場合、交際期間は平均したらそれなりにあると思います。だいたい1年くらいはあるかな。

月ごとの変化でいうと、まあ、カップルどおしにあるイベントごとはやっぱりはずせないですよね。

クリスマス・お正月・誕生日。この辺はちゃんと抑えてないと、むしろなんで付き合っているのかよくわからんし。この三大行事をおろそかにしている人で長続きしている人って正直みたことないですから。

イベントごとは大事にしてほしいですね。後個人的におもうことは、始めから付き合いたてでテンション上がるのはわかるんですが、ラブラブの時にイチャイチャしすないことですね。

というのも、始め付き合いたての時って、脳がバグおこしている状態なんですよ。そこから平常心にもどったときに急に彼のことがさめてしまうなんて人結構多いみたいんで。始めからイチャイチャしすぎないくらいが丁度いいです。

会いたくてもちょっとは我慢するくらいが丁度いいですよ。忙しい彼氏さんだったら困るだろうしね。

後、喧嘩はそれなりにするべきだとおもう。その度にちゃんと修正すること。

大事なのは毎回どっちか片方が折れてばっかりになっていないかちゃんと確認してお互いに歩み寄るほうがいいですよ。

付き合って1年、2年!長く付き合って、喧嘩しても素直になれる秘訣

学生時代はその人のことが好き、というよりは周囲にカップルが多いから自分もいないと寂しい、好きって言ってくれているなら付き合おうかなと軽い気持ちで付き合うことが多かったです。

相手のことが好きでなくとも付き合っているうちに好きになるかも!などと浅はかな考えで、生理的に無理じゃない限り割と簡単に付き合っていました。

最初は自分のテンションも上げようとラブラブ期間がありますが、あまり長く続かず喧嘩もするほど仲良くなれておらず…そういう適当な思いが相手に伝わってしまうのか、大体三カ月で別れたりを繰り返していました。

ただ社会人になってある程度恋愛経験を積んでいくと、ちゃんと自分が好きになれそうな人と付き合い、付き合っていくうえで自分は何が大切かが何となくわかってきたこともあって、交際期間が一年、二年と増えてきました。

長く付き合ってくると喧嘩もするけど、相手が明日死んでしまったらなど極端なことを考えると素直にごめんねがすぐに言えました。あと相手の趣味に興味を持つと共通の話題が増えて、居心地がいい関係性が築けていけたなと思います。

自分の趣味に関しては無理にわかってもらおうとせず、ただ好きなことは知っていてもらっていました。そうすることで無理せずに付き合えていけたなと思います。

学生時代は何でこんなに続かないのだろう、あまり好きになれないのだろうと悩んでいましたが、今思うと無理していたからだと思うし、経験を積むことで自分のことがわかってきたので長く付き合うことができたんだと思います。

だから若いうちはどうしても思い悩むことが多いかと思いますが、それも必要なことでいい経験ができたと思っています。

高校生カップルで長続きした理由、付き合って半年 喧嘩なしだったのカップル

私は約10年間同じ人と付き合った経験もあれば、半年も続かずに終わった経験もあります。

今回は特に長かった10年の人との交際中の変化について書かせて頂きます。初めて付き合ったのは高校2年生。

互いに違う高校で、相手は進学校だったので、最初の頃はあまり会えませんでしたが、毎日メールのやりとりをしていました。一番ラブラブだった時期は大学に入ってからでした。

お金も時間も少し余裕ができたので、県外へ出て、行きたいところに行ったり、初めて旅行をしたり・・・とても楽しかったことを今でも覚えています。その頃もしょっちゅう会っていたわけではなかったので(多くて月1~2程度)、喧嘩はまったくすることはなく、はたから見ても、自分たちから見ても、とても仲の良いカップルだったと思います。

社会人になるまではそのような感じで、本当に穏やかに付き合うことができていました。

変化が現れたのは社会人になってからです。もともとあまり会えていなかった私たちでしたが、彼が社会人になったと同時に、会う頻度がさらにがくっと下がり、彼の私への優先順位が下がっているのがわかりました。

わかっていながらも、大好きで、会うとやっぱり楽しくて、寂しい気持ちにふたをしながら数年過ごしましたが、このままでは自分がだめになってしまうと思い、長く続いたこの関係にピリオドを打ちました。

最初は立ち直れない!と思ったけれど、時間が解決してくれるし、別れてから得られたものがたくさんあるので、別れることを恐れずにどんどん恋愛していってほしいです。

付き合って半年 好きすぎる結果、同棲をする順調な交際報告!

今までのお付き合いしてきた方々との平均的な期間は2~3年程度です。現在お付き合いしている方とは4年目になりました。

交際を始めて3ヶ月したところで彼の方から別れたいと言われてしまいました。お別れしたその後半年した頃に、再度彼の方から連絡が来て数回会うようになり、再度交際がスタートしました。

お互い社会人ということもあり会える時間は多くなく、仕事が遅いということも重なり、会える時間は週末のみでした。週末に友人と遊ぶなどの予定があれば会えなくなり、1ヶ月に1度しか会えないということも多々ありました。

ですが、今考えてみるとそれが適度な距離感だったのかな?と思います。中々会えないということもあって、久しぶりに会えた時はそれなりに仲良くできていましたし、ラブラブだったかと思います。デートの際は必ず手を繋いでいました。

2~3年はこのような調子で良い距離感を保ちつつお互いの時間、趣味や友人なども大切にしながら過ごしていました。付き合って3年を超えた頃、結婚を考えるようになりました。

彼の方から同棲をしないかという提案をしてもらい、同棲を始めることになりました。

同棲をはじめてまだ間もないですが、今まで見えなかった部分も見えてきて喧嘩も増えました。パジャマを脱ぎっぱなしだとか、ゴミが捨てられていないとか些細なことです。ですが、それなりに楽しく住んでいます。

カップルは何ヶ月で別れるの?付き合って半年で別れるケースを紹介

大体、短く、1年持たない。半年くらいで別れる、というかふられる。

初めは相手から好意を伝えられて付き合い始めるが、付き合うと価値観、考え方の違い、好きなもの、食事などの生活の仕方で食い違い、合わなくなる。そして、言い合いになったり、喧嘩したりする。初めはラブラブで、手をつないだり、一緒にデートをして出かけたり、家に行ったりするが、だんだん合わなくなる。

見た目だけでインスピレーションで付き合ってきたので、中身を知らず、お互いに友達期間も経ず、付き合ってきたので。知り合て間もなく、いきなり告白されることが多い。

知り合って、友達になって、お互いを知りあってからということがない。付き合っている間は、相手から頻繁にメールや電話などが来て、よくデートもするが、だんだん合わなくなってくると、頻度が減って、なくなっていって。

今まで相手から連絡が来ることが多かったのにと待つ受け身でいたのに、1か月以上連絡がないと我慢できなくなって、プライドを捨てて自分から連絡するものの、もう既に相手の気持ちは離れている。

その間に何かあったのか、忙しいのか、駆け引きなのか、もうすぐ連絡はあるんじゃないかとかいろいろと悶々と妄想し、我慢比べする。

まとめ

カップルの平均交際期間など、付き合って半年から1年、2年など、好きすぎるラブラブで喧嘩なし&長続きする秘訣について、8個の体験談をお伝えしてきました。

恋愛の悩みは、女性にとって切っても切れない大事なこと!

この体験談が、あなたの気持ちを確めて、少しでも前に進むきっかけになればうれしいです。

関連記事はコチラ↓

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる